顔合わせ食事会の服装マナー

顔合わせ食事会には、どんな服装がいいの?

顔合わせ食事会とは、
結納や結婚を前に、両家の家族が集まって親睦を深めるもの。

この場が相手のご家族と初対面ということもありますから、
好印象を大事にしたいですよね。

価値観が異なれば、年代も異なる方々に対して失礼がないように。
そうかと言って、せっかくのお祝いの席なので、地味になりすぎないように。

今回のコラムでは、
ここだけ押さえておけば大丈夫、というポイントを
オススメの着こなし例と共にご紹介します。

顔合わせ食事会にふさわしい服装は

「顔合わせ」という名の通り、
相手方のご両親やご家族に初めて会う機会。
どんな服装で行くべきか迷うのは当然のこと。

やはりここは、王道の上品ドレス(ワンピース)が安心です。

結納や結婚を前提とした晴れやかなシーンですので、
柔らかいパステルトーンや、明るいキレイ色を選びましょう。

清楚なイメージは大切ですが、
かしこまりすぎて服装をダークな色でまとめてしまうと
表情までもが硬く見えてしまうかもしれません。

やさしい色あいはフェミニンな魅力を引き立ててくれますし、
笑顔もチャーミングに見せてくれる効果もありますよ。

FLICKA レース切替 フリル 七分袖 ドレス
明るいトーンのベージュに、
レースのディテールも加わって華やかさは充分!
肌なじみもいいので、顔色もキレイに見せてくれますよ。

ketty オーバースカート付き カシュクール ドレス
王道のフェミニンカラーのピンクも、
濃い色味より、少しスモーキーで落ち着いた色合いがオススメ。
ふだんはダークトーンが多い方でもトライしやすいですよ。

kaene 配色 レース コクーン ドレス
清楚な印象が際立つ、とびきり上品なブルー。
レースのあしらいもエレガントで、女性らしいデザイン。
相手のご両親にも好印象を持ってもらえそうです。