バッグの選び方とマナー

マナーとして考える、バッグの選び方

結婚式にお呼ばれされたとき、みなさんバッグはどうされていますか?

ふだん使いのバッグをドレスに合わせようという方もいらっしゃるかと思いますが、
「結婚式」というフォーマルな場ではバッグにもマナーがあります。

ドレスはバッチリでも、実はバッグがマナー違反だった…
なんてことがないように、バッグの選び方とマナーもきちんとおさえておきたいですね。

パーティバッグにふさわしい素材感

ドレスにあわせて、バッグも華やかでフォーマルな印象のものを選びましょう。

レザー(皮革)は「殺生」を表すため好ましくないと
感じる方もいらっしゃるかもしれません。

また、あまりにふだん使いしているようなものだと、
カジュアルな印象を与えてしまい、失礼にあたる可能性があります。

オススメの素材は、エレガントなレースやサテン。
パールやビジューの装飾があると、さらに高級感がアップしますね。

総レース パール×ビジュー クラッチバッグ

John Lewis シルバー ビーズ 刺繍× グログラン クラッチ バッグ

バッグの大きさに気をつけましょう

もう1つの大事なポイントは、バッグの大きさです。

必要最低限のものが入るサイズ感でありながら、
大きすぎないバッグを選びましょう。

中に入れるものを出来る限り小さく、少なく調整することも大切です。

お財布はコンパクトなサイズのものに変え、
あとはハンカチとティッシュ、簡単なメイク品、スマートフォン程度にとどめます。

袱紗に包んだご祝儀袋もバッグに入ればベストですが、
バッグが小さい場合は、ご祝儀袋はサブバッグに入れてもよいでしょう。

小さく見えるバッグでも、
口が大きく開くものやサイドのマチが広いものだと収納しやすいですよ。

GV ラインストーン バックル クラッチ バッグ

ゴールド ラメ プリーツ クラッチ バッグ

大きすぎるサイズはNG

バッグは大きすぎるとフォーマルな印象になりません。

クラッチバッグならば、手で持てる大きさを。
ハンドバッグならば、背もたれにおいて邪魔にならない大きさを目安に考えましょう。

コスメが多い、メガネケースも必要、常備薬がある等、
「必要なもの」の定義は人によって異なりますよね。

バッグに入りきらないけれど必要なものがある場合は、サブバッグへ。
レースやサテン素材のシンプルなデザインが望ましいでしょう。
ブランドの紙袋(ショッパー)はNGです!

サブバッグは基本的にはクロークに預けたいところですが、
どうしても肌身離さず持っていたい場合は
椅子の下などに目立たないように置きましょう。