【結婚式 母親ドレス】 親のフォーマル衣装のマナーと、失敗しない選び方

大切なお子様のご結婚、まことにおめでとうございます!
 
お子様の結婚式は、お母様にとっても晴れ舞台。
主役はもちろんお子様たちですが、ご両親も新郎新婦の次に招待客から注目される存在です。
 
他にも、お母様は新婦さまのベールをおろす「ベールダウン」のセレモニーを任されたり、お色直しのために新郎新婦が会場を出る際にエスコートしたりと、大事な場面での出番も多くあります。
 
すべての人にとって一生の思い出になる特別な一日をつつがなくすごすためにも、フォーマルな衣装は必須。
そこで今回は、結婚式および披露宴でドレスをお召しになる場合、親御様がおさえておくべきフォーマルドレスのマナーとおすすめドレスをご紹介します。
 

親の衣装マナー

両家の格は揃えた方がいい

・なぜ? 両家で服装の格をそろえた方がいい理由

両家の衣装とその格を揃えることは、フォーマルな場ではとても大切なこととされています。
これまで別々の価値観、環境におかれていた両家が家族として一つになるセレモニーが「結婚式」ですので、ここに格差が表れてしまうのは相応しくないという理由から、お洋服の格はそろえた方がいいと言われています。
 
一般的に「格を揃える」というと和装か洋装かを両家で合わせるというイメージがありますが、昨今では、一方のお母様が黒留袖をお召しになり、もう一方のお母様はドレスを選ばれるという場合もあるようです。
 
ただし、この際に注意したいのはお着物とドレスの格(フォーマル感)を揃えるということ。
衣装の格式が揃っていれば、一方が和装でもう一方が洋装であっても、ご両家が揃ってご挨拶をなさるときやお写真を撮られる際にも不自然ではありません。
 
お着物が和装の正礼装にあたる黒留袖であれば、ドレスも正礼装のロングドレスをお選びいただくと、バランスのよいまとまりが生まれます。
 
結婚式は当事者である新郎新婦にとってはもちろんのこと、そのご両家・ご両親にとってもかけがえのない日ですから、全員がそろって素敵な笑顔ですごせるように、衣装についてもそれぞれがどう考えているかを相談し合い、両家でコミュニケーションを深めながら決めていかれるといいですね。
 

昼間の結婚式・披露宴の服装マナー

・光沢のある素材、肌の露出は控えましょう

昼間の挙式や披露宴ではケープや袖付の肩を覆うデザインを選ぶか、ボレロやショールを羽織って、肌の露出を控えましょう。
ドレスの素材についても、サテンやキスパンコールやラメなど、光沢や輝きのあるものは避けましょう。
 
ドレスの色は、会場が明るくなるピンクやグリーン、ブルーといったカラーが昼間の式に向いています。
 
黒やネイビーなどの落ち着いた色にいきたくなるところですが、昼間の式では地味になりすぎてしまうことがあります。
思い切って明るい色に挑戦してみると、若々しく見えるだけでなく、印象もぱっと華やぐので、オススメです。
 

  • Eliza J レース×ウエストビジュー 五分袖 ロング ドレス
  • NOTTE BY MARCHESA シルク 長袖 ロング ドレス
  • La Festa ネックビジュー 五分袖 ロングドレス
・キラキラ光るアクセサリーはNG

ご自身の結婚指輪などでダイヤモンド等の光る石がついてる場合を除いて、基本的に輝きの強い宝石類やゴールドなどの光りものは不適切です。
 
ストーン系はすべてNGかというとそうではなく、光の反射が少ないものなら許容範囲内。
ラピスラズリやムーンストーンやメノウなど、優しくシックな色味のストーンを選びましょう。
 
なんといっても一番のオススメは、上品な華やかさを放つパール。
どんなドレスにも合わせやすい万能アクセサリーです。
 

夕方以降の結婚式・披露宴の服装マナー

・日本の風習にあった控えめな露出でフォーマル感を演出しましょう

正礼装とは、イブニングドレスと呼ばれる胸元、背中、肩が大きく開いているノースリーブドレスのことを指します。
着丈は床まで届くロング丈か足首が隠れるくらいまでの丈が正式とされています。
 
結婚式をはじめ夜に催されるパーティーでは、デコルテ(胸元や肩)の肌を出すのがフォーマルな装いとされています。
ただ欧米ではいくら正式なマナーとされていても、日本の風習では露出が大きすぎると大胆すぎると感じたり、お母様ご自身が気後れしてしまうこともありますよね。
上品かつ控えめな露出を心がけ、ぜひ実際にフィッティングしていただいて、ご自身が美しく堂々として見えるデザインをお選びいただければと思います。
 
素材は、光沢のあるサテンやキラキラと輝くラメ混、またはベルベットやタフタなどの高級感のあるものを選ぶとよいでしょう。
手の込んだジャカード織地などもラグジュアリーなムードを醸し出してくれます。
 

  • NOTTE BY MARCHESA シルク ストライプ ノースリーブ ロング ドレス
  • ARMANI フロントドレープ ノースリーブロングドレス
  • ROLAND MOURET Vネック サテン ノースリーブ ロング ドレス
・華やかなアクセサリーでドレスアップを盛り上げて

素材は本物のジュエリー、パールをはじめ、ラインストーンやクリスタル、ゴールドなども取り入れて華やかさを加えましょう。
 
アクセサリーはパールやエメラルド・ダイヤなどの宝石や、ラインストーンやクリスタル、ゴールドなど、照明にキラキラと映えるものを選びましょう。
アクセサリーなど大きめのものを使いますが、あくまでも上品に。