新定番!崩れにくく、きちんと見える。好印象のマスクメイク

マスクメイク

外出時はマスク着用がスタンダードに

コロナウイルスの感染予防対策として、マスクは今やすっかりエチケットとして定着しました。

でも、マスクをするときに私たちを悩ませる問題もたくさん。

そこでマナマナプラス小田急百貨店新宿店のヘアメイクスタッフがおすすめのマスクメイクをご紹介します。

 

 

マスクをしていても好印象は作れる

まずなんと言っても印象を大きく左右するのは「眉」。

眉を制する者は好印象メイクを制する、と言っても過言ではないほど
表情やトレンド感を表すのに重要な役割を担っているのです。

普段眉は書いてるけど、そういえば自分のやり方で合ってるのかな。と気になる方も多いのでは?

改めて、おさらいしてみましょう。

 

アイブロウの基本的な書き方とコツ

・眉を書く前にフェイスパウダーを眉全体にのせる

これをする事で、眉を書く際の色むらの防止や、また柔らかい印象の眉に仕上げることができます。

 

・眉山の位置を決める

眉山は黒目の外側の延長線上、眉尻は小鼻と目じりの延長線上を基準にすると左右対称になりやすいと言われていますので、鏡を見て自分のベストな眉山の位置を見つけましょう。

・アイブロウペンシルでまず眉山から眉尻のシルエットを作る

この時、塗り潰すイメージより毛を一本一本描くイメージで!いかにも書きました!という感じにならず自然に仕上がります。

 

・アイブロウパウダーを使用して足りない部分を足す

濃く書きすぎてしまった場合スクリューブラシを使用し濃さの調節をしましょう。

 

<眉マスカラを使用する場合>

初めに毛流れとは逆の方向にすべらせ、その後、毛流れにそってコームをすべらせて整えます。
また、眉マスカラを塗布する際は力を入れないように気を付けてください。
力を入れすぎると皮膚にマスカラがついてしまいます。

 

また、顔の半分が隠れているからこそ、ふだんは使わない色をアイメイクに取り入れて見るのもオススメ!

アイライナーにピンク、オレンジ、グリーンなどのポップなカラーを取り入れて遊びをプラスしたり、グレー、シルバーのシャドーは透け感や輝きのある質感ならクールになりすぎずフェミニンな印象に仕上がります。

目元が暗くならないメイクの方法としてマスカラを黒以外の色を使うのもおすすめ。
シャドーと合わせてみたり、あえて違う色を選んでみたり。

トレンドカラーをラインやシャドウにさりげなく足すだけでもたちまち垢抜けた印象を作れます。
Web会議の時とプライベートでのオンライン飲み会でメイクを変えてみるのも楽しいですね。

 

メイク前のスキンケアを抜かりなく

メイクをする前のスキンケアが実はとっても重要です。
メイク崩れを防ぐためにも正しいスキンケアを行いましょう。

ポイントは、「保湿」。
マスク内に湿気が篭っている=保湿は問題ないかと思われがちですが、
実は乾燥もしやすいってご存知でしたか?

飲み物を飲んだり、食事をする時などにマスクを外した際、それまで
マスク内にこもっていた水蒸気が一気に蒸発してしまうため、このとき
お肌の潤いまで一緒に逃げてしまうのだとか。

さらにその乾燥から肌を守るために皮脂が過剰分泌されることも
メイク崩れの原因になります。

マスクとの摩擦で肌荒れもしやすくなりますので、スキンケアはしっかりと行いましょう。

 

マスク着用時のメイク崩れは、こう防ぐ!

ふとした瞬間、どうしてもマスクを外さなければならない時もありますよね。
そんな時でも焦らず外せるようにメイク崩れは防いでおきましょう。

マスクをずっとしていると呼吸によって湿気がこもって、メイク崩れの原因に。
メイクの基本となるベースメイクは、汗や皮脂に強いタイプを選んで。

また、マスク着用前にミストスプレーなどでしっかりと保湿することも効果的です。

ファンデーションはオイル成分の含まれているリキッドやクッションタイプを薄めに伸ばして
優しく押さえるように塗っていきましよう。
仕上げに、パフやスポンジのキレイな部分でなじませてあげると
塗りムラがなく、メイク崩れにも強いナチュラルベースメイクになります。

マスクに付いても目立たない無色のフェースパウダーで
サラサラのテクスチャーに仕上げれば、完璧です。

 

マスク美人になれるワンポイントテク

マスクの時にリップをするかしないか問題。
せっかくリップをつけてもマスクについてしまって落ちてしまったという経験した方、多いのではないでしょうか。
 
最近ではティントリップをされる方が増えているようです。
ティントリップは「染める(ティント)」という意味の通り、
唇に色素を定着させるため、普通のリップより落ちにくくてマスクにも付きづらい、と言われています。
 
いつマスクを外しても堂々としていられるように、こういった対策もおすすめです。

また、チークに関しては、マスクにちょうど当たる部分で落ちやすいため、
つけるならフィット感のあるクリームタイプのチークで肌に密着させて。
いつもより少し高い位置につけると、マスクをしていても
血色のよさが感じられてマスク美人な印象になります。

お化粧直しの際は、ミネラルパウダーを顔全体にのせると
ファンデーションがヨレたり皮脂でテカりが出ている部分を
自然にカバーできますよ。

 

マスクをしていてもメイクを楽しみましょう!

コロナウイルスの感染予防対策以外にも
花粉症の方やインフルエンザ流行時など、

マスクをしてお出かけするニーズは意外と日常に多くあるので、
マスクに似合うワンポイントメイクやアレンジをぜひ参考にしてみてくださいね。