【ボレロやショールを着なくてOK!】結婚式ゲストの服装

ただでさえ慣れないドレスアップ。

さらに、結婚式や二次会の服装マナーとなると
「こういう服装は控えましょう」というNGルールがたくさんあるので、
何を着ていけば正解なのかさっぱりわからなくなってしまう方も
いらっしゃるかもしれませんね。

しかし、服装マナーにはすべて理由があります。

新郎新婦の大切なゲストとして招待を受けたからには、
新郎新婦への敬意やお祝いの気持ちを表すためにも、
ゲストとしてふさわしい服装マナーを守ることが望ましいでしょう。

ボレロやショールは絶対に必要なの?

それでは、そもそも結婚式ゲストの服装マナーとして
ボレロやショールがなぜ必要なのでしょう。

前提として、結婚式は神聖な儀式。
神様の前で肌をさらすことはNGとされているため、
ノースリーブドレスの場合、「肩を隠す」ためのボレロやショールが必要とされています。
また、結婚式はさまざまな価値観を持った、
幅広い年代・関係性の方が一堂に会するフォーマルな場です。

すべての方が不快な思いをすることなく
新郎新婦の門出をお祝いできるように、
過度な露出は避ける方が無難と言われています。

夜に披露宴が行われる場合は、
デコルテや背中を露出したデザインが
むしろふさわしいドレスコードとなりますが、
それでも神社や教会で結婚式が行われる場合は
肩・胸元・背中を露出させることは
マナー違反となりますので気をつけましょう。

マナーを守るとオシャレできない?

「フォーマルすぎるとダサくならない?」
「自分らしくおしゃれしたいから、マナーにとらわれたくない!」

そんなふうに思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
マナー違反のドレスアップをしてしまうと、
まわりの人から常識を疑われてしまったり
悪印象を持たれてしまったりして、
結局はご本人が損をしてしまうことになりかねません。新郎新婦を祝福するために出席するので、
ポイントを押さえてドレスアップしましょう。

フォーマルなオケージョンにふさわしいドレスでも、
素材感・シルエット・ディテールが
おしゃれなものはたくさんあります。

ボレロやショールがイヤなら、袖付きドレスを

ボレロやショールを羽織ることなく、
デコルテや腕を露出を控えることができる袖付きドレスが人気です。

もともとドレスのデザインとして完成されているため、
コーディネートに頭を悩ませる必要もありません。

また、二の腕など気になる部分を
さりげなくカバーしてくれるだけでなく、
食事中などにボレロやショールが
肩からずり落ちる心配もしなくて済みます。

レースで上品に肌見せをカバー

袖付きドレスがいいのは分かったけど、
気候が暑い時期に長袖は気がひける…という方には、
上品な透け感のレースで肩や腕が覆われたデザインがオススメです。

FLICKA レース切替ホワイトカフス七分袖ドレス

トレンドの、カフェラテっぽいベージュカラー。
ヌーディーなトーンのレースだから七分袖でも涼しげです。
カフスの白も、このくらいの分量であれば
アクセントカラーとして問題ありません。

Laguna Moon ラグナムーンレース フレアー長袖 ドレス

繊細なレースの洗練された雰囲気がフォーマル感バツグン。
丈をしっかりとったスカートは、
レースとシフォンの切替が醸し出す絶妙な軽やかさで、
立ち居振る舞いまで美しく見せてくれそうです。

Sweet As レース切替フレアー袖ドレス

レースで切り替えた七分袖が二の腕を
エレガントにカバーしてくれるだけでなく、
フリルの袖口で、さりげなく細見え効果もアップ!

キレイ色がオススメ

印象を軽やかに見せるには、
レースだけでなく、色の効果も上手に活用しましょう。

やさしいニュアンスのペールトーンは、
着ている人を華やかに、女性らしく見せてくれます。

カラードレスに苦手意識のある方もいらっしゃるかもしれませんが
シンプルでベーシックなデザインなら、
甘くなりすぎず大人っぽく着られますよ。

ROSSO レース切替フリルスリーブドレス

肌に透明感を与えてくれるミントグリーンのドレス。
ほんのりスモーキーなニュアンスのミントグリーンは、
肌に透明感を与えてくれるだけでなく、
今季の旬カラーでもあるので、着こなしの鮮度もぐっと上がります。

kaene 配色レースコクーンドレス

パープルやラベンダーも人気の色。
濃い色にすると大人っぽく引き締まりますが、
明るいトーンならフェミニンで軽やかな印象に。
ピンクがかった色合いも女性らしくてステキです。

BARNEYS NEWYORK フラワーコサージュ付きフレンチスリーブドレス

フレッシュで品のあるイエロー。
ふんわりとしたドレープから、ウエストはギャザーできゅっと締まって、
上半身やバックスタイルはゆったりとカバー。
緩急のあるシルエットで、スタイルUP効果もバツグンです。

ジャケットなら洗練された印象に

肩や背中など、「肌を露出しない」ことが守るべきマナーなので、
それをクリアできるなら、
ボレロやショールだけに限定する必要はありません。

ノースリーブや背中が大きく開いたドレスを着る場合は、
スタイリッシュなデザインのジャケットを羽織るのも
一つの選択肢です。

ジャケットなら、よりフォーマル感が高まりますね。

ANAYI ノーカラーフロントホック長袖ジャケットネイビー

ネイビーノーカラージャケットは、控えめな光沢が高級感たっぷり。
シンプルなデザインだから何とでも合わせやすく、
それでいて袖を通すだけで凛と美しい佇まいがサマになります。

GRACE CONTINENTAL ノーカラージャケット風 ボレロ

ケープ風にたおやかに羽織れる、ライトなジャケット。
クチュールライクな洗練ムードがありながら、
かっちりしすぎないところがエレガント。

DOUBLE STANDERD.C バックプリーツ一つボタン 長袖ジャケット

ブラックドレスに合わせるなら
タキシード風のデザインが、モードでスタイリッシュな印象。
シェイプ×短めのシルエットは重心を上げて見せてくれるから
スタイルアップ効果も期待できます。

結論、レンタルドレスが安心でオトク!

マナーは大切ですが、それに気をとられすぎると、
せっかくのドレスアップを楽しむことができません。

自分らしさも華やかさも大切にしつつ、
いつもとは違うおしゃれを楽しみたいなら
断然、レンタルドレスがオススメ。

マナーに詳しいスタッフに相談することもできますので、
結婚式の服装マナーが不安という方も安心です。

オンラインをご利用の方も、
メールやお問合せフォームにてぜひお気軽にご相談くださいね。