フォーマル・セレモニーのおすすめスタイル

フォーマル・セレモニーのおすすめスタイル

春は、卒業式や入学式など、「式」と名のつくセレモニーの季節。

「でも、この時期にしか出番のない服を買うのは気がひける…」
「せっかく買っても年に数回しか着ないのはもったいない」
「お金はかけたくないけど、せっかくのおめでたい日、ちゃんとした服が着たい」

という方には、断然、レンタルがオススメです!

単にオトクというだけでなく、レンタルなら豊富なバリエーションの中から“自分らしさ”を選べるのも嬉しいですよね。

そこで本日のコラムでは、セレモニーやフォーマルなオケージョンで気をつけるべきポイントとオススメのアイテムをご紹介します。

ジャケット、スーツ

ジャケットの袖は長すぎないものを選びましょう。
春ですので、七分袖といったやや短めな袖も軽やかな印象でいいですね。

ノーカラーは印象もエレガントで女性らしい雰囲気を与えてくれます。

また、ショールカラーだと顔まわりもスッキリと見せてくれるので写真映りもキレイになりますよ。
miss J スーツ 総フラワーレース 長袖ジャケット & ノースリーブ ワンピース

KEITA MARUYAMA スーツ ノーカラージャケット & ノースリーブ ワンピース

ANAYI ノーカラー フロントホック 長袖 ジャケット ベージュ

DOUBLE STANDERD.C バックプリーツ 一つボタン 長袖 ジャケット

ワンピース、ドレスは着丈に気をつけましょう

ワンピースやドレスの場合は、膝が隠れるくらいの着丈が望ましいでしょう。

膝があらわになってしまうとフォーマルなオケージョンでは短すぎますし、反対に長すぎるのも重たい印象になってしまいます。

どうしてもロング丈のスカートがいいという場合は、ウエストマークして、メリハリをつけるとスッキリと凛々しい佇まいになります。

おすすめのデザインは?

ペプラムのデザインは、フェミニンな華やぎをプラスするだけでなくさりげなくウエストまわりも目くらまししてくれるのが嬉しいポイントです。

また、袖がケープ風のデザインになっているものも二の腕や背中など気になる部分を上品にカバーしてくれるのでオススメ。

オールインワンも、シンプルモダンなデザインならアリ!
パンツのレングスは、くるぶしがのぞく程度が軽やかに見える上、スタイルアップ効果もあって一石二鳥です。

色に決まりはあるの?

マナーとして明確な決まりがあるわけではありませんが、目立ちすぎる色は避けましょう。

卒業・卒園式であれば、グレーやブラックなどシックで落ち着いたトーンがふさわしいですね。

ただし、ブラックの場合は不祝儀のような雰囲気にならないよう、アクセサリーや素材感で華やかさをプラスして。

入学・入園式は、上品フェミニンな明るめの色合いがオススメ。
ベージュ、ホワイト、パステルトーンが人気です。

どちらの場合でも万能なのがネイビー。

おすすめのネイビードレスはコンテンツでもご紹介しているので、こちらもぜひ参考にご覧ください。
Navy Dress Collection

素材感はどういうものがオススメ

春なので素材感は重たさを感じさせるのではなく、さらりとした軽いものを選びたいですね。

ただでさえ緊張感のある場なので、窮屈な服だと居心地が悪く、落ち着かない気持ちになってしまいます。

長時間座ったままだったり、ご挨拶でお辞儀をすることもあるので伸縮性があったり、柔らかな素材感の方がストレスなく着られますよ。

オケージョン、フォーマルこそおしゃれに!

記念すべき門出を祝う大切な日だからこそ、すっと背筋の伸びるようなきちんとした装いで参列したいですよね。

フォーマル感は大事にしつつも地味になりすぎず、センスのよい装いで自信がもてれば記念写真も怖くありません!

オンラインでなら隙間時間で商品をご覧いただけますし、表参道のショップでは実際にご試着いただけます。

駆け込みでのご利用もお待ちしておりますので、ぜひご参考になさってくださいね。