ドレスコード フォーマル、インフォーマル、セミフォーマル

結婚式に招待されたら、まず悩むのが服装。普段着とは違って「マナー」があります。
今回の特集ではNGコーディネートを交えてご紹介。
基本的な服装のマナーを守って、大人の女性としてふさわしい装いで参列しましょう。

ショール、ボレロの選び方

濃淡をつけたコーディネートでバランスよく

全身真っ白はNG!主役のカラーなので避けましょう。
淡い色味のドレスなら、羽織は濃いめの色を選ぶとまとまります。

せっかくのおめでたい席、全身黒づくめだと暗い印象になってしまい、ふさわしいとはいえません。
ブラックのドレスなら、羽織や小物で色味を添えて華やかに!

ベアトップにおすすめの露出カバーアイテム

挙式ではショールやボレロを羽織って露出をひかえるのがマナーといわれています。
また、ファーなどの毛皮は避けましょう。

足元の基本

マナーを守って、足元美人に!

サンダルはミュールはつま先やかかとがでてしまうため、基本はNGです。
パンプスがおすすめ。
ブラックのストッキングは喪を連想させるため、避けましょう。
夏でも素足は避け、ベージュのストッキングを選ぶのがマナー。

最近の結婚式は色々なスタイルがありますので、一概に絶対とは言えませんが、
列席者の中にはご親族や会社関係者など、様々な立場の方がいらっしゃる場合も多くありますので、
基本的なマナーは知っておいて損はなし。
招く側も、招かれる側も思い出に残る大切な一日、素敵なスタイルで過ごしましょう。

その他、ドレスコードやヘアアレンジのマナーはこちら

PAGE TOP