体型にあった「ドレス選び」でお悩み解決!

体型についてのお悩みは人それぞれ。
それはつまり
体型のお悩みや不安は誰もが抱えていると言えます。

せっかくのドレスアップ。
コンプレックスを何とかカバーしてキレイに見せたいというのは
誰しもが思うところ。

身体のどこを見せて、どこをカバーするか。
ちょっとした選び方によって印象はガラリと変わります!

お悩みを解決できるドレス選びのポイントを、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1

二の腕をカバーしたい

二の腕をカバーする場合には厚手の生地ではなく、シフォンやレースなどで、ふんわりとソフトに覆うのがオススメ。
また、腕全体を覆うのではなく、手首のような細い部分は隠さないのも効果的なテクニックです。
ケープ袖や五分丈までの袖で、気になる二の腕だけをカバーしてスマートに着こなしましょう。
袖付といっても、ボリュームのあるパフスリーブは協調されてしまい逆効果になるので要注意です。

2

バスト

バストが大きいグラマーな方は、胸元や襟のデザインがポイント。
キャミソールタイプのように露出度の高いドレスを選ぶと、必要以上にバストが強調されてしまいます。
シャープなラインで、かつ開きすぎないVネックは、バストラインを強調せずスッキリとした印象に。
ゆったりとしたドレープネックで、ほどよく胸元をカバーしつつ、エレガントな印象を高めるのもステキです。

3

ウエストを細く見せたい

ウエストラインにメリハリがつくと、全体がスリムに見えてスタイルがキレイに見えます。
「ウエストマーク」とはウエストを強調する意味ですが、
ベルトやタック等のデザインでウエストにポイントを置いたドレスは細見え効果を高めてくれます。

 

お腹まわりをカバーしたい

いわゆる「ぽっこり」とした下腹部が気になる方は、お腹まわりににアクセントのあるデザインを選びましょう。
ペプラムはウエストラインの目くらましで、モードにカバーしてくれます。
あるいは、デコルテや胸元にデザインのあるもので視線を分散させたり、
ふわっとしたAラインですっぽりとカバーするのもオススメです。

4

ヒップをカバーしたい

ヒップラインをカバーしたい方は、お尻がすっぽりと覆われるようなシルエットのドレスがオススメです。
この場合、ドレスの生地が薄手だったりジャージー素材だと身体のラインを拾ってしまい逆効果になってしまうので注意が必要です。
また、スカート部分がプリーツになっているデザインも意外とお尻まわりが強調されてしまうので避けたほうがよいでしょう。
ふわっとスカート部分が広がるドレスも、お尻をカバーしつつシルエットもキレイに見えます。

5

ふくらはぎを見せたくない

スカートがアシンメトリーになっているドレスなら視線を分散させることで脚が悪目立ちしません。
シフォンなど軽やかな素材で、ふわっと目くらましするのも効果的。
スカートは下半身をすっぽりカバーできるロング丈がオススメですが、いちばん細い「足首」を必ず見せることが大切です。
パンツ部分の股上が深くワイドシルエットなオールインワンも、脚をカバーしつつスタイリッシュな印象に。

商品一覧はこちら

その他、ドレスコードやヘアアレンジのマナーはこちら